●相談コース

 

~ダンス・スポーツの体の使い方~

 

 

・体の動きを知りたい

 ・動きを変えたい

  ・パフォーマンスを上げたい

   ・怪我を繰り返したくない

 

  と言われる方、以下をご覧ください

 

・もっと上半身をリラックスさせて!

・もっと内側に乗って!

・腹を引き上げて!

・骨盤を立てて!

・肩甲骨から動かす!

・重心を落として!

 

などと、ダンスやスポーツの指導中に

言われたことありませんか?

 

でも、上に書かれたこと、

それ自体どうやってやるのかがわからないですよね。

 

上級者はそれができます。

逆に言えば、それができれば上級者の動きに近付けます。

 

相談コースでは、こうした基本的な

 

“体の使い方”

 

を誰にでもできる様な指導をさせて頂いております。

 

人間なら誰にでも存在する【軸・支点】(※)と言った

 

体の基準】に触れながら動かすことで、

 

誰でもすぐに正しい連動した動きが体感できます。

 

また、一つ一つがシンプルなエクササイズなので、

一人で再現するのも簡単です。

 

当院院長の木田が考案した理論です。

独自のものなので既存の運動学やスポーツ医学にはありません。

 

●よくあるご質問

 

Q、本当に指導者が言うとおりの動き方ができているのか?

 

A、自分で判断できます。

 

気持ち良く楽にできていなければできていないと言うことです。

 

正しい動きとは動きの強さ、速さ、リズム、バランスなどが

 

自分でコントロールできているものです。

 

要するに自分が思ったとおりに動かせていることです。

 

 

 

Q、正しい動きを身に付けるには?

 

A、身体の感覚があいまいではいけません。

 

具体的な体の感覚が必要です。

 

【軸・支点理論】を使って、腕のこの骨のここ!

 

と言う様なはっきりとした部分を意識して動かせば可能です。

 

 

 

Q、練習の仕方がわからない?

 

筋トレ? ストレッチ? バランストレーニング?

 

A、どれも必要ですが、その動作中に 

 

思ったとおりに動かせている感覚がないと

 

実際の動作に関係のないトレーニングになってしまいます。

 

軸が通っていない、全身が連動していない、

力だけでやってしまっている、

 

などの状態です。

 

 

 

Q、調子がいい時と悪い時の差が分からない?

 

A、不調の時は無意識の力みがあり、全身が連動していません。

 

重心が落とせず、動きのアクセルとブレーキ

が両方同時に働いている状態だと調子が悪くなります。

 

●流れ

 

1、カウンセリング

 

具体的な課題の把握をします。

 

限られた時間内で行いますので、

 

ご自身の課題を3つ

 

までしぼってきてください。

 

その中で優先してやるべき課題から取り組んでまいります。

 

 

 

2、身体チェック

 

姿勢のバランスや人の基本動作

 

(立つしゃがむ、片足で立つ、歩く、段差を上るなど)

 

などのチェックと体の歪み方の説明。

 

 

 

3、エクササイズと施術

 

体の軸・支点を使ったエクササイズと、

 

パートナーストレッチの様な施術をおりまぜながら、

 

はっきりとした動きの感覚を体感してもらいます。

 

 

 

< 内容 >

 

レベル1)基本操作~可動域やバランスなど

 

レベル2)体幹部の拡張による弛緩

 

レベル3)次に四肢の支点による弛緩

 

レベル4)重心線を落とす立位のEXで全身の重心の統一

 

レベル5)運動連鎖の基本形(※ドア理論)

 

レベル6)個々の癖と全身の統一

 

 

 

これらを段階的に、また複数組み合わせながら進めていきます。

 

 

※ドア理論:木田の考案した身体操作理論。左右上肢下肢の外側ラインを軸とした左右に開く動作。ナンバ、二軸、左右軸、身体の開閉理論。

 

 

 

 

4、事後の流れ案内

 

1)資料配布。当日行ったメニューの資料です。

 

2)一度の指導でも動きが改善しますが、

 

日数が経過すると共に、

 

身体の進化した部分とまだ進化していない部分

 

との間に感覚の差が生じ、全身運動の感覚が崩れてきます。

 

それにより一時的パフォーマンスが低下することがあるので、

 

動きに違和感を感じてきたら2度目の受講をおすすめします。

 

 

 

< 目安 >

 

・初回後→2週間以内

 

・以降は1ヶ月2回程度

 

頻繁過ぎてもよくありません

 

動きの感覚を頭と体に馴染ませ安定させていく期間が必要です(熟成期間)。

 

・変化があまりなくなってきたと感じてから次のステップへ。

 

●ご予約

 

ご予約する際は、

 

ご予約について

 

のページをご覧ください。

 

 

 

その他、ご不明な点は下記までご連絡ください。

 

kid_a1005@yahoo.co.jp