~治療を受けたあとに注意していただくこと

全身調整(特に鍼灸治療)を受けると、体が休息状態に入りやすくなります。自律神経が休息の状態に切り替わり、痛みや疲労の回復をうながします。

 

簡単に言いいますと「熟睡」している時に近い状態です。

これは温度や湿度など、外からくるすべて刺激のから「無防備」な状態であり、体がダメージを受けやすい状態と言えます。

そのため、治療後はいくつか注意して頂く事が御座います。

 

① 体を冷やさないように

普段熱がりの人でも、汗をかいた後などはそのままにせず、すぐ着替えたり、冬などは風呂上がりに薄着のままでいないこと、仕事場や車の中の冷房に気を付けて、寒がりの方などは、薄手の上着などを持って出かけることなどして下さい。

 

② 冷たい飲み物や食べ物・辛いものを控えめに。

冷たいものは当然、体を冷やしますが、辛いものを食べても冷えることがあります。たくさん摂り過ぎたり、また体調があまりよくない時には控えましょう。

南国の人たちは辛いものを食べると、発汗作用で体内の熱が発散されて、その後が涼しくなることを経験的に知っているのです。

 

③ 治療を受けたその日は、お風呂に注意して下さい

あまり熱いお湯や、ぬるくても長い時間の入浴はひかえて下さい。

 

④ 過度な運動

神経的にも肉体的にも“ゆるんだ”状態になるので、反射神経などもいつもより働きにくいことがありますので、思わぬ怪我につながるかもしれません。

治療した当日は、ハードなトレーニングやスポーツはひかえて下さい。

また、治療後に身体がだるく、重く感じることがありますが、心配ありません。これは、一時的に血流がよくなった事や、筋肉がゆるむためのもので、治療の効果が出ている証拠です。

翌日までにはそれらの症状が軽くなりますが、疲れがたまっているほどその状態が長くなることがあります。

 

「鍼をやってもらった後、2~3日はすごく眠くて、その後からすごく体が楽になったよ。」

 

などと言われる方もおります。

これらの症状が出るのは悪いことではありませんが、

「仕事やスポーツに影響すると困る。」

と言われる方は、次回の治療の際に言って下されば調節いたします。

特にはり灸は、神経を緩め、血流をよくし、リラックスさせる効果がありますので、その効果を高めるためにも、ゆったりとくつろいで下さい。